大きなすきまのある生活A life with large opening

家の中に取り込む都市のすきま

An urban slit that is taken in to the house

文京区根津の木造住宅が密集した街区にある間口3600/奥行8300のわずか9坪の敷地。 普段何気なく見過ごしている家と家の隙間。 その小さな都市の外部空間に、コンパクトな都市住宅が持ちきれない生活環境としてのつかいかたを発見しよう。

point of view

Location Tokyo Nezu Bunkyo-ku

Completion date 2012.09

Osamu Nishida+Naoko Mangyoku

Photographer Koichi Torimura

Site area 30.07㎡

Construction area 18.03㎡

Total floor area 50.70㎡

Contractors 50.70㎡

Structure engineers Shinei

all

More