軒下と小屋裏の部屋House with Eaves and an Attic

大屋根に包まれた崖の上の生活

A life on a cliff wrapped by a big roof

崖地を家の一部として包括するために、床を崖方向に延長するのではなく、屋根だけを崖方向に延長することにした。 この行為によって、同じ面積の住宅で感じるよりもより遠くに視覚や距離感が延長される。 意識の上では数値化されない虚の部分が実際の大きさの2倍以上、いや見える範囲どこまでも住宅を拡張している。

point of view

Location Tokyo,Bunkyo-ku

Completion date 2011,02

Osamu Nishida+Takanori Ineyama+Rie Yanai

Photographer Koichi Torimura

Site area 182.25㎡

Construction area 58.18㎡

Total floor area 84.84㎡

Contractors Shinei

Structure engineers -

Structure Structured Environment

all

More